So-net無料ブログ作成

マリノス藤田祥史は、弟のまでサッカー人生を生きる [横浜F・マリノス]

藤田2発 横浜M、開幕4連勝

中日スポーツを見て、横浜F・マリノス藤田祥史選手の魂のゴールの理由がわかった。 

2月19日、身内にアクシデントが起きた。東京Vとの練習試合で相手選手のラフプレーから右足関節解放脱臼骨折を負ったJFL讃岐のMF藤田浩平は実弟。「まだ、見舞いにもいけてないし、連絡もなかなか直接取りづらいので、チビ(子供)に連絡させてます。もしかしたら、1年はサッカーができないかもしれない。弟の分まで頑張りたい」と話す。既に5得点のマルキーニョスに加え、また新たなストライカーがチームの連勝を支えることになった。

決して長くはないサッカー人生のうち、1年も潰されちゃったとは。

気合が入るのも分る。

横浜F・マリノス樋口監督、マルキーニョスと藤田祥史のツートップ、そして、両翼に斉藤学と端戸仁というのはどうだろうか。

ヤマザキナビスコカップで遊び心を持って試す余裕はあるか?

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

メッセージを送る