So-net無料ブログ作成
検索選択

PKは、誰が蹴るものか [横浜F・マリノス]

もちろん、選手にも言いたいことはいっぱいあるのだろう。

横浜F・マリノスは、今日の試合、清水エスパルスに負けた。

中村俊輔が負傷で退場。

栗原勇蔵も、自滅気味で負傷交代。

2点目の失点は、まさに栗原勇蔵の頑張りすぎだ。

1点目の失点も、中澤佑二の頑張りすぎ。

両方とも、ゴールキーパー、いくらに任せれば、大事には至らなかったもの。

しかし、失点シーンを振り返っても仕方があるまい。

選手も人間、失敗はつき物で、その失敗がディフェンダーであれば、失点につながるものだ。

それより、気になったのは、得点チャンスの場面。

PKをもらって、蹴ったのは横浜F・マリノスキャプテンの兵藤慎剛。

栗原勇蔵の負傷退場のことも合ったのだろう。

気持ちを入れて蹴って、流れを変えたかったに違いない。

しかし、結果は無残。

経験的には、山瀬功治に任せるべきだったか。

結果論だが。

ここは意見も分かれるところだろう。

決まっていれば、キャプテンとして責任を果たしたと褒められ、流れも横浜F・マリノスに傾いたに違いない。

しかし、失敗して、頭を抱えて棒立ちしているようでは。

がむしゃらにボールを追いかける兵藤のよさが消えてしまう。

ハートの問題か。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 2

運だけ

PKは、運!

今日は、運がなし!
by 運だけ (2010-04-03 23:35) 

運?

PKが運って言ってる時点でアウトだね。
by 運? (2010-04-04 17:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

メッセージを送る